家を購入するまで① きっかけ

色々と壁にぶちあたりましたが、なんとか購入に至ったので覚書。

 

 

●きっかけ

①夫婦二人で1LDKに家賃12万支払っていたから。これに尽きます。

まわりにさんざん「買った方がいい」と言われ、「仕方ないじゃん共働きだし便利な駅だし住宅手当出るし」と当初は蹴散らしていたものの、1年で150万くらいドブに捨てたのかぁ 来年更新料払ったら300万かぁもったいないなー。がスタート。

ある意味身軽なのかもしれないけどいつかは買うつもりだし、だったら二人でローン組める早いうちがいいだろ!と進みました。

あと住宅手当って別に持ち家でも出るんですよね。笑

 

②会社と家が近い

最寄りの繁華街が職場と同じなので、結局休みの日も同じ街に行ってしまう。

なんかとっても狭いエリアに生きてる気がして嫌気がさしてきたのです。オンオフがうまくできないというか。

…まぁ違う街に行けという話ですが。笑

 

 

●手始めに

SUUMOの無料冊子を手に取り、どんな家があるのか?見始めました。

2017年年明けくらいのこと。

当たり前ですが入居が1年後とかのマンションがたくさん載っているのを見てびっくり。

それで、え、これ、うまくやらないと更新料払ってすぐとか、めちゃくちゃ損するタイミングで引っ越すことになるじゃん!ということに気づきました。

それで本格的に見ようと思いました。

 

 

●どこに住むか?

まず、東京がよかった。笑

これは本当に個人の育ってきた環境や、価値観によるでしょうねーー。

最寄駅が一緒でも隣県アドレスになるだけでガクンと価格が下がったり…びっくりしました。でもそういう事実を知れば知るほど余計に東京の方がほしくなりました。だって売却するときにもそうなんだろうなぁと思って。

とはいえだいぶ妥協しましたが、立地でもうちょっと妥協できてたら物件選びもだいぶ違ったと思います。

 

 

●戸建てか?マンションか?

主人は戸建て派、私はマンション派でした。

お互いそれで育ったので仕方ないですね。どちらも良い面があるので難しい。

まぁもちろん土地があったらその上に建てますけど、ないので土地から買うしかありません。

東京に住みたいと決めたところで、我々の予算では建て売りの狭い三階建てしか手が届かないのが現状でした。都心だけど駅遠とか。

決定的だったのは、知り合いが我々の予算程で土地から購入して注文住宅を建てた立地でした。目安としてすごく助かりました笑

そこまで立地に妥協できないなとなり、その後はスムーズにマンション巡りを始めましたとさ。

家を決めるまでに何度土地持ちはいいなーと思ったことか!!

まず場所を悩む必要がないのがうらやましい。笑

 

 

長いので続きます。